海と男性

双極性障害はとっても厄介|精神科で治せる妙なテンション

治療や原因

女性の横顔

双極性の治療

双極性障害とは、躁うつ病の別称を指します。躁うつ病とは、躁状態とうつ状態を繰り返す病です。うつ病の発展型として発症するケースが高く、精神的な不安定さから、うつ病よりも対処が難しい精神疾患と言われています。双極性障害は、躁状態とうつ状態で性格が一変するため、その言動や行動が、しばしば周囲を振り回してしまいます。そうして社会性を損失することで、うつ状態に拍車をかけると、反動で躁状態に感情が爆発してしまうことになります。そうなるとさらなる社会性の損失が生まれ、悪循環となります。このように、双極性障害は悪循環を生みやすい点で対処が難しく、周囲の理解と協力が必要不可欠な病なのです。精神的に不安定であるため、薬物治療や通院に関しても、個人の判断で変えてしまうケースもあり、治療も一筋縄ではいきません。双極性障害と診断された場合は、可能であれば入院、それが不可能なら家族と一緒に生活するよう環境を整えるようにしましょう。双極性障害は対処、治療ともに難しい精神疾患ですが、周囲の理解と協力が得られれば改善していく病でもあります。そのため、最優先事項は、悪循環を避けるために環境を整えることなのです。

精神療法とは

双極性障害の治療は、主に薬物療法と精神療法です。身体の歪みなど構造的ストレスが原因となっている場合には、整体なども効果があります。猫背やデスクワークの人は、一度整体院に通い、問題があるかどうかを検査してもらうと良いでしょう。薬物療法の場合は、医師の指示を仰ぎ、自分の判断で服用のタイミングや量を変えないようにすることが大切です。また副作用が酷いなど、覚醒時の活動に影響がある場合は医師に相談して薬を変えてもらうようにしましょう。双極性障害の治療においては、症状が緩和しても、しばらくは薬の服用を続ける必要があります。再発の可能性が高いためです。症状が潜伏している場合には、薬で症状を抑え込むことができます。精神療法に関しては、日常的なストレスを、自力で軽減できるようにさせるのが目標です。例えば、対人関係療法は、未来の予測されるイベントにおいて、対人関係に起こる問題をシミュレーションします。そうすることで、現実における対人関係について、柔軟に捉えられるようにするのが目標です。また認知行動療法は、視点を変えて、気持ちを楽にするための療法です。視点を変えることが出来れば、頭が柔らかくなります。日常的に柔軟な思考が出来れば、精神疾患を患うことはなくなります。