海と男性

双極性障害はとっても厄介|精神科で治せる妙なテンション

障害の状態

カウンセリング

把握すべき点

双極性障害とは、躁鬱病と呼ばれていたもので、躁状態と鬱状態を定期的に繰り返す精神疾患です。主にうつ病から発展するケースが多いためか、うつ病よりも深刻な症状に見舞われることが多いのが特徴です。躁鬱状態は、精神的に非常に不安定な状態が続くため、社会生活上のトラブルへと発展するケースが多々あります。躁状態のときに起こしたトラブルを、鬱状態のときに悔やむパターンが多く、精神的な落ち込みに拍車をかけていきます。うつ病に比べて、双極性障害の場合は、社会性を著しく低下させてしまったり、周囲や大切な人との関係性にヒビを入れてしまったりする点で、うつ病よりも対処も治療も難しいと言えるのです。治療が難しいことに加え、社会的な損失から精神的な傷も大きいため、再発を繰り返すことも少なくありません。双極性障害については、なるべく早く適切な治療を行うことが必要不可欠です。治療については精神科や心療内科で医師の指示を仰ぐのが良いですが、誤診も多いため2、3の病院を回ってみると良いでしょう。その際には、双極性障害について専門に研究されており、過去に一定の成果をあげている医師の指示を仰ぐことが大切です。

治療方法の種類

双極性障害の治療方法については、基本的には薬物療法と、心理療法があります。加えて漢方や整体などの東洋医学も一定の効果があります。ただし、治療は野放図に広げることで出費も嵩みますし、それが新たなストレスになる場合もあるため注意が必要です。薬物治療に関しては、医師の指示を仰ぎ、自分の判断で量を増減させたりせずに服用を続ける必要があります。双極性障害の場合は、比較的長期に渡る投薬が必要とされているため、その際の副作用に関しては我慢する必要があります。症状が緩和されてからも、継続的に服用することで、再発を防ぐことが可能です。精神療法に関しては、個人にあったものを選択する必要があります。可能であれば、全ての方法を試してみると良いでしょう。代表的なものは認知行動療法です。認知行動療法は、視点の転換をはかることで、否定的な思考を肯定的に捉えなおすための療法です。そうして日常的な出来事にも視点を転換をはかることで、自力で精神的なバランスを取れるようにするのが、この治療の目的です。その他には、社会リズム療法というものもあります。これは生活を記録しながら、生活習慣の乱れを改善していく療法です。入院せずとも生活を安定させることができるため、健康を取り戻し、精神的に安定するための下地を作ることが出来ます。