海と男性

双極性障害はとっても厄介|精神科で治せる妙なテンション

躁うつ病とは

医者

ただのうつよりも危険

躁うつ病とは、双極性障害の別名です。その躁うつ病、または双極性障害とはうつの中でもどのようなものなのかを説明しますと、通常のうつ病がうつの状態のみを示すことに対し、双極性障害は、うつと躁の状態を反復します。躁の状態とは、一見とても元気であり活力に溢れているように捉えられます。しかし、双極性障害の躁はただ気分が高まっているだけのケースがほとんどであり、社会的集団の中では感情が高ぶり過ぎてしまい、しばしば問題を引き起こします。また、やたら饒舌であったり、偉そうになっているのも症状の一部です。実はこの双極性障害は通常のうつ病と比較してより危険であります。それは、自らの命を投げ出すリスクがこちらの方が高いことです。精神障害の中でも特に最悪の事態にまで至ってしまうパターンの多い疾患です。先程も紹介したような躁の状態を出してしまうことで、本人の自覚が無いままに周囲に迷惑をかけ、社会的集団の中で関係が破綻することで、自信が損なう他にその事柄を思い出してしまうことで自責を感じ、自死をはかる可能性があります。しかも、躁うつ病は抗うつ剤が利きにくい以上に、他の精神疾患を誘発する恐れも持っています。躁うつ病は、通常のうつ病よりも治療が困難であるといえます。

その他特徴

躁うつ病の特徴は、躁とうつの状態を繰り返すこと、抗うつ剤による治療がより困難であることです。しかし、他にも躁うつ病には他にも特徴が幾つか存在します。躁うつ病は、一般的に治療期間は長くなる傾向があります。また再発性も高いのでその予防のために治療を辛抱強く継続していく必要があります。勝手な自己判断で治療を中断して社会復帰してしまわないよう注意しましょう。躁の状態がよく見られるので、躁うつ病は時折ただの気分であったり、浮き沈みの激しい性格や個性だと解釈してしまい、周囲から疾患であることが解り難いことも特徴です。躁うつ病の躁は、集団生活の中でよく問題が生じるので、ただ単純な気分が陽気であるのとは異なります。エネルギッシュであると感じても、周囲をかえりみずに迷惑をかけることが多いです。また、通常のうつが自身が精神疾患であると気づくことができますが、躁うつ病は自覚しにくいです。受診をする際、なかなか医師に自身の症状を説明をすることが難しいです。そのような場合は家族や回りの人間のサポートが必要不可欠です。家族や周囲の人間が患者のことを正しく観察し、理解することができれば、治療は幾分かは楽になることでしょう。受診させる前に、事前に医師と相談しておくこともポイントです。