青空と女性

双極性障害はとっても厄介|精神科で治せる妙なテンション

躁うつ病とは

医者

躁うつ病、または双極性障害は治療に多くの時間を有します。しかし、長い間付き合うことで症状を上手にコントロールできるようになります。正しい治療計画を立てること、薬物投与によって症状を悪化させない、周囲のサポートが治療には大切です。

View Detail

うつ病と間違えやすい

看護師

うつ病と双極性障害は症状が似ているため、経験が豊富な心療内科医でも誤診が多く、薬を誤って処方すると症状が重くなることもあるため注意が必要です。そこで、近年人気を集めているのが光トポグラフィー検査法で、誤診が大幅に減少する検査方法ですが、保険が適用されない病院もあるため、事前に確認する必要があります。

View Detail

周囲の協力と理解が必要

うつむく男性

1型と2型の2種類がある

双極性障害は、かつて、躁うつ病と呼ばれていた病です。うつ状態と躁状態が入り混じっておこる症状のことを指します。一般的には、うつ病よりも自殺企図率や再発率が高いと言われています。躁状態に陥ると、激しく自分のことを責め立て、自己破壊的な欲求にかられてしまう可能性があるのです。精神科などの医療機関にかかり、しっかり治療を行うことが完治のためには絶対不可欠とお考え下さい。双極性障害は、躁状態の重度によって、1型と2型に分かれます。強い躁状態に陥るのが1型です。躁状態とは、普段の人格と異なり、妙にテンションが高かったり、イライラ感が丸出しであったり、自分が偉くなったような感覚に陥ることをいいます。人間関係や仕事に支障が出たり、入院が必要な場合には、1型の双極性障害双となるのが一般的です。1型は、躁状態とうつ状態の波がはっきりしているのが特徴です。一方で2型は、うつ状態に加え、軽い躁状態が見られることをいいます。人間関係や仕事に支障をきたすほどではないけれども、高揚感、イライラ感などの感情がこみ上げる状態をいいます。2型の場合には、うつ状態であることが多く、躁状態が現れにくいこともあり、専門家であっても、うつ病との区別が難しいという難点があります。ただし、躁状態がうつ状態に隠れているだけなので、実は深刻な病気となります。

治療のあれこれ

では、医療機関にかかった場合の双極性障害の治療方法について説明致します。まずは薬物治療がメインという点を押さえてください。うつ病とは異なりますので、抗うつ薬は基本的には使用しません。気分安定薬と呼ばれる感情の波を抑える薬をベースに使います。躁状態を抑える抗精神病薬が用いられることもあります。また、不眠症状がある場合には睡眠薬が使用されます。これらの薬物は一定期間使用しなければ、効果がありません。医師の指示にしたがって、用法・用量と守って飲み続けることが必要となります。薬物治療以外には、心理教育や、対人関係療法、認知行動療法などのフォローアップが行われます。心理療法では、生活習慣の改善やストレス管理の方法、家族の協力体制づくり、心理学に基づく行動パターンの改善指導が、再発防止目的として行われます。また、対人関係療法では、シミュレーションを通じて、対人関係のストレスを減らす方法が指導されます。さらに、認知行動療法では、ものごとを否定的に捉えることを変えることを目的に、日常生活の出来事を肯定的に捉える姿勢を身に付ける訓練を行っていきます。双極性障害の治療は、再発防止、躁状態をなくす、うつ状態をなくす、この3つの観点から治療が行われることをご理解ください。治療期間は、比較的長期にわたりますので、ご家族や会社の理解と協力が必須となります。

障害の状態

カウンセリング

双極性障害の特徴は、躁鬱状態を繰り替えすことです。うつ病から発展してくることが多く、治療が難しい上に、再発率が高い傾向にあります。治療方法としては、薬物療法と心理療法があります。何れにしても、医師の指示を仰ぎ、自分の判断で治療を怠らないことが大切です。

View Detail

治療や原因

女性の横顔

双極性障害は躁鬱を繰り返す精神疾患です。再発率が高く、治療が難しい一面があります。周囲の理解と協力が得られれば治療が容易になるため、治療のためには環境を整えることが最も重要な病なのです。治療方法は薬物療法と精神療法に加え、整体なども効果があります。

View Detail